体を温める方法

冷える

冬になると冷え性に悩まされる女性の方が多くなります。
女性は男性に比べ筋肉の量が少ないので血液を全身に流す力が弱く、その結果血行が悪くなり、冷え性になりやすのです。
それに、血行が悪いと肩こりやむくみの原因になります。
特に、冬になって体が冷えると、肩こりやむくみはひどくなります。
これらの問題を解消するには、血行を良くする必要があるのですが、そのためには体を上手に温めることが大切になります。
そのための方法は大きく分けて3つあります。
一つ目は、できるだけ体を動かすようにすることです。
激しい運動をする必要はなく、エレベーターではなく階段で移動したり、ひと駅分は歩いたりと日常生活の中でちょっと意識を変えるだけでも冷えを解消する効果があります。
また、空いた時間に手や足の指を動かすようにすると冷えを予防することができます。
それに、一日一回足を心臓より高くあげたり、入浴時に下半身をマッサージすることで、むくみを解消する効果があります。
二つ目は、生姜やにんにく、根菜類などの体を温める効果がある食品や温かい飲み物を多く摂ることです。
生野菜や冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、避けた方が無難です。
最近はダイエットのために炭水化物やタンパク質を制限している方も多いのですが、制限し過ぎると冷え性の原因となるので注意が必要です。
三つ目は、体を冷やさない服装を心がけることです。
首やおなか、手足などは特に冷えやすいので、マフラーやストール、腹巻、手袋、厚手の靴下、タイツなどはなるべく身につけるようにすることが大切です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031